代表者ブログ(WinActor)

WinActorの研修:プログラミング不要だけど独学は難しい⁉、初級の研修は必須です。

2019年02月02日

WinActorに研修・講座は必要か?

研修会場①

実際のところは、プログラミング未経験者にとって、RPA(WinActor)の操作は簡単だとは言えません。「プログラミング不要」と謳われてますが、「変数」などの概念に戸惑う人が多く、最初から挫折するケースが見られます。

 

故に、

独学で勉強するよりも、有料(2万〜3万)の研修・講座・Eラーニング等を利用した方が効率的に学べると思います。

 

大企業でも操作担当者を集めて、集合研修を実施する場合が多いようです。

研修は2段階(入門と初級)

研修風景①

セミナー時の簡易的な操作説明とは違い、有料で丸一日(5~6時間)をかけて実施する研修・講座は、以下の2段階の内容が多いです。

 

①入門or初級(未経験コース)

WinActorを操作したことがない人が対象で、RPAとは?WinActorとは?の説明から始まり、簡単な操作を記録(シナリオ化)して、実行(自動処理)するまでをカリキュラムとしています。

 

②初級or中級(簡易シナリオ作成コース)

1回目の研修を終えた人が対象で、シナリオ作成に必要な「変数、分岐、繰り返し」も学びます。EXCELデータをWEBシステムへ転記するシナリオ等を作成・実行するまでをカリキュラムとしています。

 

株式会社ブルーテクノの研修・講座のカリキュラムを知りたい方は、本サイトのトレーニング講座のページを参照してください。

研修したら、使えるようになるか?

キーボード①

残念ながら、プログラミング未経験者が研修・講座を1.2回受けたぐらいで、WinActorを実践的に使えるまでには至りません。

 

自分でシナリオを作成・実行して、試行錯誤を繰り返すトライアル期間が必要です。

 

このように、RPAは人材育成と同じく、時間を掛けて育てていく案件です。

詳しくはRPA費用対効果のブログ記事を参照ください。

WinActorは、役に立たない?

ロボットだけ④

社員教育にお金と時間が掛かるため、「WinActorは役に立たない!」という評価を受けることがあります。これは短期的に見れば間違いではありません。

 

WinActorを勉強しましょう!

 

日本企業の労働生産性が低い理由として、各企業がIT部門を外注に頼り、内製化をしなかったことが言えます。

 

特に中堅・中小企業の場合、社内にIT系に詳しい人間が余りにも少なく、非効率な業務が多い印象です。

 

これからの時代、ITは外注先に依存せず、出来るだけ自社で使いこなすことが重要です。WinActorを起点として、社員のITスキルの向上を図りましょう!

 

RPAは業務担当者が主役

 

情報システム部門ではなく、業務部門が使うべく開発されたのがRPAであり、WinActorはその最たる製品です。

 

プログラミング未経験者でも、必ず使えるようになりますので、スキルアップを図っていきましょう。

 

 

ブルーテクノは企業様の業務改善をお手伝いするコンサルティング会社です。

オンラインで無料相談も実施しておりますので、まずは気軽に、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

代表者プロフィール

小山田 健(オヤマダ ケン)

ブルーテクノ代表者.経営コンサル.ITコンサル

これまでの経験とIT技術で中小企業の働き方改革を成功に導きます。コンサル契約は長期(年間or半年)でお願いしています。Zoomで無料相談やってます。

ブログ記事のカテゴリー