代表者ブログ(クラウド関連)

Zoom(ズーム)活用術 : ウェビナー機能を使って、営業をオンライン化しましょう!

2020年05月08日

Zoom革命

Zoom画像①

新型コロナでコミュニケーションが遮断される中で、ビデオ会議システム「Zoom」が注目を集めています。

利用者数が全世界3億人を超え、Zoom革命、Zoom飲み会など、新しい言葉まで登場しているようです。

 

Zoomの利用シーンは大きく広がっており、これまでビデオ会議システムを利用したことがなかった人達でも、オンライン会議やWEBセミナーに参加するようになってきました。

 

Zoomは、無料で始められ、利用ハードルが低いのが特徴ですが、有料プランを含めた機能面も充実しており、ビジネス活用に適したツールでもあります。

 

そこで、

今回のブログは、Zoomのセキュリティとウェビナー機能について解説したいと思います。

セキュリティ

Zoom画像④

4月頃から、Zoomの利用者が爆発的に増えている一方で、セキュリティ面への不安を報道されるようになりました。

URLをクリックするだけの利便性と相反して、知らない人が勝手にミーティングに参加したり、妨害されたりする危険性を指摘されています。

 

対処法として、

参加パスワードと待機室をデフォルト(初期設定)にするなどの対策をZoom社が打ち出していますので、まずは、Zoomアプリを最新版へアップロードすることです。(4月11日現在ヴァージョン5.0.1)

 

そして、

パーソナルミーティングIDを使わない、ミーティングURLにパスワードを埋め込まない、待機室を利用する、などの定をすることにより、セキュリティへの不安は解消されます。

 

また、常識的に、

知られては困る機密事項はオンラインでやり取りしないことです。運用ルールを設けるのは利用者であり、Zoomは単なるツールだと認識して利用しましょう。

ウェビナー機能

Zoom画像②

ウェビナーとはWEBセミナーの略語で、Zoomは、5,400円/月の追加料金を払えば、ウェビナー機能を使うことができます。

 

通常のミーティング機能との違いは、主催者とパネリストのみが、ビデオ、オーディオ、画面の共有を実行できます。

 

ウェビナーは、多数の視聴者を想定したサービスなので、参加者(視聴者)は顔出し・声出しをせず、Q&A、チャット、および投票を通じて参加する形式です。

参加者(視聴者)の機能を制限することで、大人数セミナーでも円滑に進行できるようになります。

 

その他、ウェビナー機能には、

①事前登録URLの発行

②登録完了メールの配信

③参加者リストのレポート機能

④質疑応答

⑤フォローメールの配信

など主催者に便利な機能が満載なので、WEBセミナーを簡単に開催することができます。

営業のオンライン化

Zoom画像③

ウェビナーにより、これまでセミナー会場で実施してきた各種イベントや研修会などを、オンラインへ移行することができます。

また、ウェビナーは地域・場所を問わず、全国一斉に参加者を集めることができますので、営業的にもビジネスチャンスも広がります。

 

【その他のオンライン営業方法】

ホームページ、Twitter、メルマガによる宣伝告知

YouTube、Facebookによるライブ配信

Zoom、Skypeによる商談、顧客サポート

 

新型コロナで、営業活動が制限されており、このまま自粛が長引けば、「営業」をオンライン化するしかありません。

オンラインを敬遠する顧客もいるでしょうが、新規で顧客を開拓する意味においては、ピンチをチャンスに変えることもできるでしょう。

 

営業自粛がいつまで続くかは分かりませんが、これまでの営業スタイルを続けるのか、オンラインセールスに移行するのか、企業の「営業」という業務を見直すタイミングではないかと思われます。

 

 

 

ブルーテクノは企業様の業務改善をお手伝いするコンサルティング会社です。

オンラインで無料相談も実施しておりますので、まずは気軽に、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

代表者プロフィール

小山田 健(オヤマダ ケン)

ブルーテクノ代表者.経営コンサル.ITコンサル

これまでの経験とIT技術で中小企業の働き方改革を成功に導きます。コンサル契約は長期(年間or半年)でお願いしています。Zoomで無料相談やってます。

ブログ記事のカテゴリー