代表者ブログ(お知らせ)

【シビルチャンネル】建設業向けのオンライン教育チャンネルを公開しました。

2020年07月05日

オンライン教育への移行

シビルチャンネル(https://civil-channel.net/)

 

新型コロナの影響で、【教育】のオンライン移行が進んでいます。

学校(小中高の授業)はパソコンや通信環境を準備する段階ですが、大学や民間の学習塾は、既にオンライン授業が始まっています。

 

【社会人教育】も、学習プログラムを設けている業界や団体が多く、例えば、建設土木業における施工管理技士などの有資格者は、継続的に学習していくプログラムが存在します。

その中、新型コロナの影響により、講習やセミナーを延期・中止せざるを得ない状況です。

 

今回立ち上げた、

建設業向けオンライン教育チャンネル【シビルチャンネル】は、土木施工管理技士の継続学習プログラム(CPDS)を、オンラインで習得できる専門サイトです。

Zoomによる授業

Zoom画像③

シビルチャンネル】は、土木施工管理技士の方に課された学習プログラム(CPDS)を、「Zoom」を利用して習得できます。

Microsoft「 Teams」 や Cisco 「Webex」 なども検討しましたが、通信の安定性と主催者機能が充実していることから、「Zoom」を採用しました。

 

授業なので、講師は、受講者を管理監督(モニタリング)する必要があり、その点、「Zoom」はギャラリービュー機能が備わっているので、画面共有した状態でも、別モニターで受講者をモニタリングできます。

 

また、「Zoom」は、アプリをダウンロードするだけで、簡単に参加できるので、初めて受講される方からも、評判は上々です。

必要なIT環境

受講者に必要なIT環境は、①パソコン ②WiFi ③カメラ です。カメラ内蔵のノートパソコンであれば、別途でWEBカメラは必要ありません。

普通のオフィス環境であれば、十分に対応できますし、自宅のパソコンでも受講できます。

 

Zoom」は、通信速度1Mbps以上あれば繋がりますが、動画の視聴を考慮すると、最低5Mbpsの通信スピードは欲しいところです。また、音声(聞き取り)はイヤホンマイクを利用した方が安定します。

 

その一方で、

講師(配信)側に必要とされるIT環境は、受講者と比べて、ハードルが高いです。質の良い講義のためには、高いスペックのパソコン・マイク・カメラが求められますし、常に安定した通信環境が必要です。今後拡大するオンライン化を見添えて、できるだけ高いスペックの機器を購入すべきだと思います。

オンライン教育の課題

オンライン会議

会社や自宅で受けれるオンライン教育は、新型コロナの感染リスクもなく、今後ますます普及することが予想されます。

 

ですが、

【教育の質】、コミュニケーション面に課題があり、受講者(生徒)の反応を読み取りづらいため、講師(先生)側の一方通行な配信になりがちです。

チャット機能、投票機能、グループ分け機能、などを上手く活用し、双方向でコミュニケーションを図れるような工夫が必要です。

 

そして、

Zoom、PowerPoint、マイク&カメラ設定などのITリテラシーが最低限必要です。特に、講師(先生)の人は、ITのスキルが【教育の質】に直結しますので、操作トレーニングが重要となります。

 

 

今回ご紹介した【シビルチャンネル】は、弊社ブルーテクノで運営を行っています。

 

シビルチャンネル(https://civil-channel.net/)

 

 

ブルーテクノは企業様の業務改善をお手伝いするコンサルティング会社です。

オンラインで無料相談も実施しておりますので、まずは気軽に、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

代表者プロフィール

小山田 健(オヤマダ ケン)

ブルーテクノ代表者.経営コンサル.ITコンサル

これまでの経験とIT技術で中小企業の働き方改革を成功に導きます。コンサル契約は長期(年間or半年)でお願いしています。Zoomで無料相談やってます。

ブログ記事のカテゴリー