代表者ブログ(RPA関連)

RPAの地方都市・中小企業への普及について:福岡、佐賀、熊本のRPA導入事例は?

2019年01月26日

地方都市では、RPAの認知度は低い

ロボットと男性

㈱ブルーテクノは昨年10月より、福岡・佐賀・熊本でRPA(WinActor)の営業を開始しましたが、東京大阪でのRPAの活況ぶりと比較すれば、まだまだ、認知度は低いという印象です。

 

経営者であれば、RPAという言葉を知っている方も多いのですが、導入を検討するまでの認識は持っておられません。

 

それでも地方での人材不足は深刻なので、「ロボットによる自動化」と聞けば、興味を抱かれる方が多いのは確かです。

 

RPAセミナーの記事(福岡県久留米市)

RPAセミナー 画像11.29

RPAは、中小企業に普及するのか?

ロボットろ女性⑩

最近になって、地方の自治体や銀行でRPAを試験導入するという記事が見られるようになってきました。福岡市役所、佐賀市役所、久留米市役所、熊本県宇城市・熊本県荒尾市、大分銀行など、RPAの導入検証を進めています。

 

では、中小企業でのRPAの活用は?

 

ブルーテクノでWinActorを導入いただいた中小企業では、人事部門や経理部門における簡単なデータ処理という活用方法から始められています。

 

例えば

Excelデータ(勤怠管理・請求書・納品書)をWinActorを使って、各種システム(給与計算・財務会計・顧客管理)に、自動入力するシナリオです。システムはWEBにも対応しますので、データ処理はほとんど自動化(ロボット化)することが可能です。

 

中小企業は、データ処理の作業が少ない!

 

しかし、そもそも、

中小企業は、大企業や地方自治体に比べて、処理するデータの数が圧倒的に少ないです。紙(ペーパー)による作業が多く残っているので、AI-OCRなどを活用したペーパーレス化を進める方が先決かもしれません。

 

ゆえに、

大企業のRPA活用事例を中小企業に当てはめても「その作業量であればRPA(ロボット)は必要ない。」という判断になりがちです。

中小企業でRPAを活用するには?

ロボットと男性と女性②

ここまでレポートさせていただいた通り、中小企業でRPAを普及させるためには、データ処理以外の活用が重要です。

 

人事や経理の自動化から始める企業様が多いでしょうが、オリジナルで色んな業務を自動化できるのがRPAの特徴です。

 

①メール機能を活用したシナリオ

②Web検索を利用したシナリオ

③AIスピーカーを利用したシナリオ

 

1台のRPA(WinActor)で多くのシナリオを実行する使い方をしないと、中小企業のRPA費用対効果は合いません。詳しくはRPA費用対効果のブログ記事を参照ください。

RPAは中小企業の救世主になるか?

ロボットと女性⑧

WinAactorは、深い知識がなくても、自分で簡単なコンピュータプログラムを作れます。

 

大企業であれば、基幹システムを構築したり、社内にSEを在籍させてIT化を図れますが、中小企業にはハードルが高すぎます。

 

操作の難易度が低いWinActorは、これからバージョンアップが進めば、中小企業の救世主となる可能性を十分に秘めていると思います。

 

多くの人がWinActorを使いこなせるようになり、AIとWinActorの連携が始まれば、オフィス業務は大きく変わっていくでしょう。

 

 

ブルーテクノは企業様の業務改善をお手伝いするコンサルティング会社です。

オンラインで無料相談も実施しておりますので、まずは気軽に、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

代表者プロフィール

小山田 健(オヤマダ ケン)

ブルーテクノ代表者.経営コンサル.ITコンサル

これまでの経験とIT技術で中小企業の働き方改革を成功に導きます。コンサル契約は長期(年間or半年)でお願いしています。Zoomで無料相談やってます。

ブログ記事のカテゴリー