代表者ブログ(WinActor)

WinActorの資格制度について:資格を取得するメリットは? RPAに必要なスキルは?

2019年04月23日

WinActorの資格は2種類ある。

試験会場

WinActorの習得レベルを認定する資格制度が2018年から始まりましたが、2種類の資格が存在して解りづらくなっています。今回はその資格制度とRPAに必要なスキルについて解説します。

 

【NTT-ATの認定資格】

① Certified(初級)

② Sales Certified(中級)

③ Technical Certified(上級)

提供元(メーカー)であるNTT-ATが実施する「代理店向け」の認定資格です。

Technical Certified(上級)を取得すると「認定講師」となり、「WinActor認定研修」を開催する資格を与えられます。

 

【NTTデータの認定資格】

① アソシエイト(初級)

② エキスパート(中級)

③ プロフェッショナル(上級)

主要代理店であるNTTデータが実施する「ユーザー向け」の認定資格です。

人材派遣会社ヒューマンリソシアが運営を任されており、こちらは2019年3月までに3,000名以上が受験しています。

資格を取得するメリットは?

名刺交換

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)というパソコンの資格をご存知でしょうか。履歴書に記載する人もいますが、この資格で就職が有利になるイメージはありません。

 

それに比べて、WinActorの資格は、今は希少価値(レア感)があるようです。WinActorを導入している企業であれば就職が優位に働く可能性もあります。また、提供サイドもWinActorの利用促進に繋がるので、資格取得を斡旋しています。

 

しかし

RPAはプログラミングと同様に、知識があれば良い成果物(シナリオ)を作れるとは限りません。シナリオの内容を考えるのが一番重要で、論理的思考力を求められる仕事です。

日本は資格大国

合格

日本は様々な資格が乱立してますが、安定を求める真面目な国民性により、資格制度を好む傾向があります。しかし最近は、弁護士や税理士など国家資格を持つ人でさえ、収入が安定しない時代になってきています。

 

WinActorの資格制度を否定するわけではありませんが、取得することで独占的な仕事を与えられる訳ではなく、今後は希少性も薄れてきますので、自己研鑽のためのトレーニングと捉える方が良いでしょう。

 

また

RPA担当者が学ぶべき範囲はRPAツールだけじゃありません。経理・人事・顧客管理の各ソフトウェア、Excel、それに関わる業務の内容、など多岐に渡ります。

 

故に

RPAツールの操作技術に固執すべきではないと思います。将来のために技術を習得したいのであれば、プログラミング言語を学んだ方が良いのでは?と感じます。

RPAで1番必要なスキルは?

打合せ

人間の業務を代行するのがRPAなので、そのシナリオを構築する前に、まず人間が行っている業務を洗い出す(把握する)必要があります。

それには以下のスキルが重要です。

①現在使っている各ソフトウェアの知識

②関係者からのヒヤリング能力

③業務フローを作成する論理的思考力

 

要するに

どんなシナリオを作るか?などを考える工程が重要であり、RPA(WinActor)の操作スキルは次の段階で必要になるアイテムです。1人でシナリオを作る場合、手を動かすよりも、考えてる時間の方が長くなる仕事です。

 

注意点

WinActorの操作を習得していても、現行の業務内容を把握する能力がない人は役に立ちません。まずは業務に一定の経験値が必要です。

 

そして

業務スキルを持った人をRPAの推進役に抜擢すべきです。RPAの操作スキルは、経理や人事などの業務スキルに比べれば、短期で習得できます。人材の配置は業務スキルを重視した方が良いです。

 

但し

RPA導入を主導する役割は非常に難しいので、1人で抱え込んだら前に進みません。必ず、社内外の人と協力しながら取り組むべき案件です。

 

結論

どんな仕事もそうですが、結局は、一番必要なスキルはコミュニケーション能力となります。関係者との調整能力が鍵となるので、「優秀な人」じゃないと、務まらないように思います。

 

 

ブルーテクノは企業様の業務改善をお手伝いするコンサルティング会社です。

オンラインで無料相談も実施しておりますので、まずは気軽に、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

代表者プロフィール

小山田 健(オヤマダ ケン)

ブルーテクノ代表者.経営コンサル.ITコンサル

これまでの経験とIT技術で中小企業の働き方改革を成功に導きます。コンサル契約は長期(年間or半年)でお願いしています。Zoomで無料相談やってます。

ブログ記事のカテゴリー