代表者ブログ(WinActor)

WinActorの導入企業数(2018年12月末):WinActorがシェアを伸ばす理由は?

2019年01月06日

WinActorの導入企業2,500社

ロボットと男性⑥

WinActorの国内導入企業数は2018年10月に2,000社を超え、12月末には2,500社以上となっています。

2018年4月の導入数が1,000社だったのに対して、この半年間で急激に導入数を伸ばしております。

 

NTT-ATの発表記事へ(導入2,000社)

 

NTT-ATの発表記事へ(導入2,500社)

 

他のRPAツール導入企業数(2018年12月末)

 

・BizRobo(ビズロボ)が、約1,000社

・UiPath(ユーアイパス)が、約700社

 

WinActorがシェアを伸ばす理由

  • ロボットと男性と女性①

1つ目の理由が「使いやすさ」です。

 

一般的にRPAは

プログラミング言語を使用せずにコンピュータを自動化できますが、未経験者が使用するには技術面で少なからず「ハードル」があるのが事実です。

 

WinActorであれば

完全日本語対応の操作画面、豊富なマニュアル、ユーザーライブラリなど、初心者が理解しやすいよう、構築しやすいよう配慮されています。

 

2つ目の理由が「価格が安いこと」です。

 

WinActorであれば

初期費用100万円程度から導入できるのでスモールスタートが可能です。

 

IT投資の100万円を高いと見るか、安いと見るかは企業により判断が別れるところですが、単純に他のRPAと比較するとリーズナブルな値段で導入できます。

価格について詳しく知りたい方はWinActor価格のレポートを参照ください。

自動化の波に乗る

ロボットだけ②

今後コンピュータの「自動化の波」はRPAやクラウドサービス、更にAI技術の進歩もあり、止まることはありません。

 

その波に乗るために

RPAツールWinActorを導入して、先ずは使い始めることをお勧めしています。

 

 

ブルーテクノは企業様の業務改善をお手伝いするコンサルティング会社です。

オンラインで無料相談も実施しておりますので、まずは気軽に、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

代表者プロフィール

小山田 健(オヤマダ ケン)

ブルーテクノ代表者.経営コンサル.ITコンサル

これまでの経験とIT技術で中小企業の働き方改革を成功に導きます。コンサル契約は長期(年間or半年)でお願いしています。Zoomで無料相談やってます。

ブログ記事のカテゴリー