代表者ブログ(スマレジ)

スマレジの価格 : iPadなどの周辺機器、料金プラン、トレーニング料金などを解説します。

2019年07月17日

ハードウェア(周辺機器)

スマレジ⑫

「スマレジ 」「エアレジ」などタブレットレジで使用する周辺機器は、Appleやスター精密などのメーカーが供給しています。これらの機器(ハードウェア)は2019年9月末までのレジ補助金の対象となっていますので、早めに購入されることをお勧めします。

 

【必須となる機器】

タブレット

スマレジとエアレジのアプリはiPadとiPhoneにしか対応していません。(管理画面はブラウザで使用しますので、機器種別は問いません。)

★iPad 9.7インチ Wi-Fi 32GB 37,800円(税別)詳細はこちら

※Wi Fi環境がない場所で使うにはLTE対応モデルのiPadが必要です。携帯キャリアと4G/LTE契約をしておくと、外出先でレジ以外にも使えます。

 

ドロア&プリンター

お金を入れるキャッシュドロアとレシートプリンターが一体となっている以下の商品がお勧めです。

★スター精密 mPOP 54,700円(税別)詳細はこちら

※レシートプリンター単体は40,000円~

※キャッシュドロア単体は8,000円~

 

 

【必要になる機器】

その他に、店舗の運営形態により、以下の機器が必要になります。

・バーコードリーダー 14,000円〜35,000円

・カスタマーディスプレイ 30,000円程度

・タブレットスタンド 4,000円程度

・カード決済端末(無料配布あり)

・レシート用紙 200円/巻

ソフトウェア(スマレジ料金プラン)

スマレジ⑩

スマレジ とは、クラウドサービスであり、iPadやiPhoneのアプリやパソコンのブラウザ上で動くソフトウェアのことを指します。使用料金は、ご利用される機能により、5つの料金プランに分かれています。

 

【スマレジ料金プラン】

①スタンダード 無料

③プレミアム 4,000円/月

②プレミアムプラス 7,000円/月

④フードビジネス 10,000円/月

⑤リテールビジネス 12,000円/月

詳細はこちら

 

※1店舗の個人企業であれば、スタンダードの無料プランで充分に活用いただけます。

※複数店舗を展開している企業や他システムとの連携を図りたい企業は、プレミアム以上の有料プランをお勧めします。

※在庫の管理が必須となる小売業を運営されている企業は、リテールビジネスのプランをお勧めします。

トレーニング料金

スマレジ④

ハードウェアとソフトウェアを準備した後に、初期設定やスタッフへの操作研修が必要になります。無料でマニュアル等を提供していますが、希望される企業様に対しては、以下のサポートメニューを用意しています。

 

【導入サポートメニュー】

・機器セッティング 40,000円〜

・操作トレーニング 40,000円〜

・データ移行&登録 10,000円〜

・在庫管理の導入支援 300,000円〜

詳細はこちら

 

操作トレーニングの所要時間は約3時間です。営業時間外にスタッフを集合させることになりますが、運用ミスを減らすためにも実施した方が良いです。

プレミアムプラス以上の料金プランを選択された企業は、不明な点などを電話サポートで確認できます。

業務コンサルティング

スマレジ⑧

ブルーテクノは、ITツールの導入を支援するコンサル会社です。「スマレジ 」でクラウド管理を始められる企業様には、キャッシュレス決済、クラウド会計、人事労務システム等との、API連携をご指南します。

その他にも、在庫管理や顧客管理における業務効率化など、クライアント企業に合わせた、実践的なコンサルティングを提供しています。

 

【コンサルティング料金】

・ITコンサル顧問料 50,000円/月〜

・ITツール導入コンサル(別途お見積り)

 

 

ブルーテクノは企業様の業務改善をお手伝いするコンサルティング会社です。

オンラインで無料相談も実施しておりますので、まずは気軽に、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

代表者プロフィール

小山田 健(オヤマダ ケン)

ブルーテクノ代表者.経営コンサル.ITコンサル

これまでの経験とIT技術で中小企業の働き方改革を成功に導きます。コンサル契約は長期(年間or半年)でお願いしています。Zoomで無料相談やってます。

ブログ記事のカテゴリー