代表者ブログ(スマレジ)

スマレジの特徴 : 在庫管理やシステム連携などを「エアレジ」と比較して解説します。

2019年06月28日

高機能クラウド POS「スマレジ」

スマレジ①

【過去ブログ記事】

●キャッシュレス化への対応について

 

●タブレットレジによる業務効率化

 

上記ブログで解説しましたが、POSレジが中小企業にも必要になっており、ブルーテクノでも、タブレット型POSレジ、主に「スマレジ」の導入支援を始めたいと考えています。

 

また同時に、

タブレット型レジと会計freeeなど、各種クラウドサービスの連携による経理・労務などの業務効率化も提案したいと思います。

 

 

今回は、「スマレジ」を解説します。

 

【最近の話題】

・キャッシュレス決済への対応

・消費増税、軽減税率への対応

レジ補助金も用意され、エアレジなどのタブレットレジを導入する企業が増えています。

 

その中でも、

弊社が推奨するスマレジは、タブレットレジで最も機能が充実しており、業務改善を図れる優れたクラウドサービスです。

売上分析と在庫管理

スマレジ⑥

スマレジは、今現在、国内6万以上の店舗・事業所で採用されています。エアレジ40万以上と比べると少ないですが、売上分析や在庫管理などの機能面で、エアレジよりも優位性があります。

 

【売上分析】

全店舗の一括した売上データを確認できることから、複数店舗を経営する企業の利用者が増えています。スマレジの売上データは店別・日別・月別だけでなく、時間別・商品別・客層別・スタッフ別のデータまで、詳細をリアルタイムで把握することが可能です。

 

【在庫管理】

商品を細かく分類することが可能で、高度な在庫管理の機能を提供しています。バーコードリーダーを使った入出庫や棚卸、店舗間移動にも対応しており、リアルタイムで在庫状況を確認することができるので、営業上の利便性が向上します。

 

 

スマレジ は、無料プラン(レジ機能だけ)以外に、月々4,000円〜12,000円の有料プランがあり、高機能を求めるユーザーに対して費用対効果の高いサービスを用意しています。

 

一方、エアレジは、全て無料で使える画期的なサービスで、圧倒的なシェアを獲得していますが、無料であるが故の限界(細かい機能面)があります。

 

複数店舗を展開している企業や在庫を抱える業態の店舗であれば、無料のエアレジより、有料のスマレジを導入することをお勧めします。

 

【スマレジ価格のブログ記事】

●スマレジの価格 : iPadなどの周辺機器、料金プラン

勤怠管理と給与計算

スマレジタイムカード

勤怠管理アプリ「スマレジ・タイムカード」も多くの事業所に採用されていて、従業員30名まで無料で使えます。

 

【笑顔認証】

出勤したスタッフが笑顔でiPadやiPhoneに向き合うと、自動でシャッターが押され、その顔写真が出勤の記録となります。接客教育や不正防止にも役立つサービスです。

 

【その他機能】

シフト作成機能では、前月分を元にシフトを自動作成することができます。

残業や有給を管理する機能もあり、給与計算まで実行できますので、労務管理の業務はスマレジ・タイムカードで完結することも可能です。

 

※詳細はこちら

●スマレジ・タイムカードのサイト

③システム連携

スマレジ⑧

クラウドサービスの最大の利点と言える他システムとの連携ですが、スマレジは「スマレジ API」を使用して、スマレジ以外のクラウドサービスと連携することで、業務効率を飛躍的に向上させることができます。

 

APIとは、システム間を繋ぎ合わせるインターフェイス技術です。

 

【キャッシュレス決済との連携】

クレジットカード、電子マネー、スマホQRコードと多様化している決済手段に対して、下記の決済サービス会社と簡単に連携することができるので、対応が遅れる心配はありません。

Square(スクエア)

超小型端末によるクレジットカード決済サービスです。

StarPay(スターペイ)

乱立するQRコード決済を一本化して決済できるサービスです。

Coiney(コイニー)、R Pay(楽天ペイ)

クレジットカードと交通系電子マネーを決済できるサービスです。

 

【過去ブログ記事】

●キャッシュレス化への対応について

 

【クラウド会計との連携】

クラウド会計と連携すれば、スマレジ の売上・在庫データから、自動で仕訳を実行できます。そして、リアルタイムに正確な損益管理をすることが可能になりますので、経営者にとって手放せない機能となります。

freee(フリー)MFクラウド(マネーフォワード)弥生会計オンライン勘定奉行クラウド

 

【過去ブログ記事】

●クラウド会計ソフトの普及率20%

コンピュータ自動化の流れ

スマレジ⑤

スマレジfreeeなどのクラウドサービスは、APIを使って、他システムとの連携を容易にしますので、業務の効率化・自動化を一気に進めることができます。

 

しかしながら、

どうしても既存のシステムや慣習を変更できない企業も多く、その場合は、RPA(ソフトウェアロボット)という手法があります。RPAは既存システムを変更することなく、現行で人間が実施している単純作業を、ロボットが代わりに実行します。

 

クラウドサービスの活用とAPI連携で自動化を進め、残った最後の砦もRPAで自動化する、このコンピュータ自動化の流れは今後ますます加速すると思われます。

 

 

ブルーテクノは企業様の業務改善をお手伝いするコンサルティング会社です。

オンラインで無料相談も実施しておりますので、まずは気軽に、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

代表者プロフィール

小山田 健(オヤマダ ケン)

ブルーテクノ代表者.経営コンサル.ITコンサル

これまでの経験とIT技術で中小企業の働き方改革を成功に導きます。コンサル契約は長期(年間or半年)でお願いしています。Zoomで無料相談やってます。

ブログ記事のカテゴリー