代表者ブログ(楽楽精算)

楽楽明細による経理の効率化 : 請求書、支払明細などの業務をペーパーレスにしましょう!

2019年08月05日

「楽楽明細」とは?

楽楽明細①

【前回のブログ記事】

 

●楽楽精算による業務効率化について

 

前回のブログでは、クラウド型経費精算システム「楽楽精算」を取り上げましたが、今回は、同じ「楽楽シリーズ」のWEB帳票発行システム楽楽明細」をご紹介いたします。

 

楽楽精算」は、申請書領収書など社内の書類をWEB(クラウド)化して、交通費など経費精算の業務をペーパーレスにします。

 

同じように、

楽楽明細」は、請求書納品書支払明細など社外の書類をWEB化して、ペーパーレスを推進するサービスです。

 

2013年にサービスを開始した「楽楽明細」ですが、帳票発行に特化した分かりやすい機能と丁寧なサポート体制により、既に1,000社以上の導入実績があります。(契約継続率も97%)

 

帳票類をWEB化することで、紙代、印刷費、郵送費を削減できるのはもちろん、印刷、封入といった作業もゼロになりますので、劇的に業務を効率化できるサービスです。

「楽楽明細」の仕組み

楽楽明細③

 

楽楽明細を導入した企業は、請求書など帳票データをCSVまたはPDFでアップロードするだけです。

相手先(顧客)は、「WEBダウンロード」「メール添付」「郵送」いずれかの方法を選択して、帳票を受け取れるシステムになります。

 

「郵送」を選択される相手先には、楽楽明細が「郵送」を代行しますので、手間のかかる「印刷・封入・発送」の作業は実質ゼロになります。

 

請求書などの社外文書は、相手先の都合により、電子データ化に踏み切れない企業も多いようです。

 

それでも、楽楽明細は、

「WEBダウンロード」「メール添付」「郵送」から選択できること、「郵送」を代行することで、近年、導入する企業を増やしています。

「楽楽明細」の料金体系

楽楽明細④

【導入前の費用】

・郵送費(切手代)

・封筒代・紙代・印刷費

 

【導入後の費用】

楽楽明細システム利用料のみ

 

システム利用料は発行する帳票件数に応じた課金体系です。「郵送」は別にカウントして課金されます。

・300件 21,000円/月

・500件 30,000円/月

・1,000件 56,000円/月

 

「郵送」は、以下、別途で課金されます。

・封入1枚 164円/件

・封入3枚 192円/件

・封入10枚 320円/件

※郵送費、印刷費、紙代、封筒代を含みます。

 

発行する件数が300件/月を超えると間違いなく費用対効果は合います。人件費までを考慮に入れると、経費削減の効果は大きいです。

CRMとの連携

楽楽明細⑦

Salesforce(セールスフォース)やkintone(キントーン)など、CRM(顧客管理システム)を利用されている企業様であれば、楽楽明細とCRMとの連携により、更なる業務効率化が図れます。

 

上記の図のように、

CRMの顧客情報や請求データを楽楽明細に一括で取り込み、一元的に管理することも可能です。クラウド型のCRMであれば、別システムとのAPI連携が容易であり、業務の自動化が推進されます。

 

※「働くDB」は「楽楽シリーズ」と同じく、株式会社ラクスが提供しているCRMシステムです。

 

また、API連携が出来ない場合も、RPAツールWinActorを活用して、顧客情報や請求データを自動アップロードする手法があります。RPAに関するブログ記事を参考にしていただければ幸いです。

 

 

ブルーテクノは企業様の業務改善をお手伝いするコンサルティング会社です。

オンラインで無料相談も実施しておりますので、まずは気軽に、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

代表者プロフィール

小山田 健(オヤマダ ケン)

ブルーテクノ代表者.経営コンサル.ITコンサル

これまでの経験とIT技術で中小企業の働き方改革を成功に導きます。コンサル契約は長期(年間or半年)でお願いしています。Zoomで無料相談やってます。

ブログ記事のカテゴリー